払込剰余金

払込剰余金は、投資家が会社の株式に対して支払った、株式の額面を超える増分額です。額面価格がない場合、支払われた全額は払込剰余金として分類されます。この金額は、発行者の貸借対照表に表示される別の資本勘定に記録されます。この概念は、発行者から直接購入した株式にのみ適用され、投資家間で取引される株式には適用されません。

払込剰余金は、追加払込資本とも呼ばれます。