株主と利害関係者の違い

株主と利害関係者はどちらも企業に関係していますが、組織に対する彼らの関心は異なります。株主とは、会社の株式を所有する個人または団体です。株主は、取締役会および少数の追加の問題に投票する権利があり、事業から配当を受け取り、事業体が売却または解散した場合は残余現金を共有する権利があります。優先株式の保有者は、追加の権利を有する場合があります。

利害関係者は、ビジネスの成功または失敗に関心を持つすべての人を含むため、実質的により幅広いグループを代表します。このグループには株主を含めることができますが、株主だけでなく、債権者や顧客、従業員、地域社会、政府も含まれます。

したがって、株主はより大きな利害関係者のグループのサブセットです。従来、株主は事業体を所有し、特定の状況下でキャッシュフローを受け取る権利を持っているため、ビジネスの他のすべての利害関係者よりも重要であると考えられてきました。企業による公害が地域社会や従業員に与える影響の増大や、人員削減が地方自治体、地域社会、従業員に与える影響を考えると、利害関係者に対する株主の優先順位に対する一般の見方は徐々に変化しています。この傾向が続くと、企業は他の利害関係者を喜ばせるための支出を迫られるようになり、1株当たり利益が減少して株主の富に影響を与える可能性があります。これは、ビジネスの従来の富の最大化の目的が、利害関係者にとってより有利な他のイニシアチブを支持して、時間の経過とともに希薄になる可能性があることを意味します。