定義を大文字にする

アイテムは、費用ではなく資産として記録されるときに資産計上されます。これは、支出が損益計算書ではなく貸借対照表に表示されることを意味します。通常、次の両方の基準を満たしている場合は、支出を資本化します。

  • 大文字の制限を超えています。企業は資本化の制限を設定します。この制限を下回ると、支出は資本化するには重要でないと見なされ、会計記録に長期間保持されません。一般的な大文字の制限は1,000ドルです。マテリアリティの原則は、大文字の使用の概念に適用されます。

  • 少なくとも1年の耐用年数があります。支出が会社の長期的な収益の増加に役立つと予想される場合は、それを資産として記録し、その耐用年数にわたって減価償却する必要があります。これは、マッチングの原則と一致します。

概念を説明するためのいくつかの例を次に示します。

  • ある会社がノートブックコンピュータに500ドルを支払います。コンピューターの耐用年数は3年ですが、会社の資本金1,000ドルの制限を満たしていないため、コントローラーは現在の期間に費用を請求します。

  • 会社は、マシンのメンテナンスに2,000ドルを支払います。支払いは会社の資本制限を超えていますが、耐用年数がないため、コントローラーは現在の期間に費用を請求します。

  • 会社はルーターに3,000ドルを支払います。ルーターの耐用年数は4年で、資本金の上限である1,000ドルを超えているため、コントローラーはルーターを固定資産として記録し、耐用年数にわたって減価償却を開始します。

資産の耐用年数がわずか数か月の場合、単純に前払費用(短期資産)として記録し、その耐用年数にわたって一定のペースで費用を請求する方が効率的です。