債券発行費用の会計処理方法

債券発行費用は、発行者による投資家への債券の発行に関連する手数料です。これらの費用の会計処理には、最初にそれらを資本化し、次に債券の存続期間にわたって費用を請求することが含まれます。債券発行費用には以下が含まれます。

  • 会計手数料

  • 手数料

  • 法定費用

  • 印刷コスト

  • 登録料

  • 引受手数料

これらの費用は、貸借対照表の社債負債からの控除として記録されます。次に、定額法を使用して、関連する債券の存続期間にわたって費用が費用として請求されます。この償却方法では、債券の存続期間中、各期間の費用に同じ金額を請求します。債券発行費用を費用として請求すべき全期間は、債券発行日から債券満期日までです。

費用として請求される社債発行費用の金額は、費用が認識された期間の損益計算書に表示されます。

マッチングの原則の下で、費用を認識すると同時に、それらの費用に関連する利益を認識するため、この会計処理を使用します。したがって、任意の年に発行された債券を持つことの利益は、元の一部と一致します債券発行費用。

債券発行費用が重要でない場合の代替処理は、発生時に費用を請求することです。

債券発行が早期に完済される場合、その時点でまだ資産計上されている残りの債券発行費用は、残りの債券が除却されるときに費用として請求されるべきです。

債券発行費用の例

たとえば、ABCInternationalは債券の発行に50,000ドルを負担します。債券は10年で廃止されます。したがって、ABCは最初に債券発行費用を資本化し、債券発行費用勘定に借方記入し、現金勘定に貸方記入します。その後、債券発行費用勘定への借方と債券発行費用勘定への貸方とともに、今後10年間の費用に5,000ドルが請求されます。この一連のトランザクションは、債券が発行されている期間にわたって、すべての初期支出を費用勘定に効果的にシフトします。