なぜ収益が入金されるのですか?

収益が貸方に記入される理由は、収益が事業の株主資本の増加を表し、株主資本には自然な貸方残高があるためです。したがって、資本の増加は、貸方記入された取引によってのみ引き起こされる可能性があります。この推論の基礎は、次のような会計等式です。

資産=負債+株主資本

会計等式は貸借対照表の構造に現れ、資産(自然の借方残高を含む)が負債と株主資本(自然の貸方残高を含む)を相殺します。売却が発生すると、収益(相殺費用がない場合)によって自動的に利益が増加し、利益によって株主資本が増加します。

たとえば、ある会社が5,000ドルのコンサルティングサービスをクレジットで顧客に販売しているとします。エントリの片側は売掛金への借方であり、これにより貸借対照表の資産側が増加します。エントリの反対側は収益へのクレジットであり、これにより貸借対照表の株主資本側が増加します。したがって、バランスシートの両側はバランスを保ちます。