ビルアンドホールド

請求保留トランザクションは、売り手が買い手に商品を出荷しないが、関連する収益を記録するトランザクションです。収益は、いくつかの厳格な条件が満たされた場合にのみ、この取り決めの下で認識されます。そうしないと、収益を不正に認識するのが早すぎるリスクがあります。証券取引委員会(SEC)はこの種の取引を好みません。通常、収益は商品が購入者に出荷されたときにのみ認識されるため、通常は許可されません。

SECは、請求および保留取引が許可される前に、以下のすべての基準を満たすことを要求しています。

  • 所有権のリスクは買い手に渡されました

  • 買い手は商品を購入することを書面で約束しました

  • 買い手は売り手が商品を保持することを要求し、そうするビジネス上の理由があります

  • リーズナブルな商品の配送予定日があります

  • 売り手が完了しなければならない残りの義務はありません

  • 他のお客様からのご注文にはご利用いただけないため、分別されております。

  • 商品は完全でなければなりません

問題をさらに困難にするために、SECは、以下の追加の要因が考慮されることを指摘しています。

  • 売り手がこの取引の通常の条件を変更している程度

  • 請求書および保留取引を採用した売り手の履歴

  • 保有商品の市場価値がその後下落した場合に買い手が失う範囲

  • 売り手の保有リスクを保証できる範囲

  • 売り手が商品を保持することで、買い手が拒否できる偶発的な販売が実際にどの程度発生するか

この問題は、GAAPとIFRSの両方で同じである顧客との契約の会計基準でも対処されています。この基準は、売り手が請求と保留の取り決めの下で収益を認識するためには、以下の条件がすべて存在しなければならないと述べています。

  • 十分な理由。顧客からの直接の要求など、売り手が商品を保管し続ける実質的な理由がなければなりません。

  • 代替使用。売り手は、他の顧客に、または内部使用のために、商品をリダイレクトできてはなりません。

  • 完了します。製品はすべての点で完成しており、顧客に転送する準備ができている必要があります。

  • 識別。商品は、顧客のものとして明確に識別されている必要があります。

請求および保留の取り決めの下では、売り手は、その施設で保管されている商品の管理者として行動する履行義務を負う場合があります。その場合、売り手は取引価格の一部を保管機能に割り当て、保管期間中にこの収益を認識する必要がある場合があります。