偶発資産の定義

偶発資産は、企業の管理下にない将来の事象を条件とする利益のために発生する可能性のある資産です。会計基準によれば、関連する偶発利益が発生する可能性が高い場合でも、企業は偶発資産を認識しません。

偶発資産は、それに関連する収益の実現が事実上確実である場合、実現された(したがって記録可能な)資産になります。この場合、変更が発生した期間の資産を認識してください。偶発資産のこの取り扱いは、偶発債務の取り扱いと一致していません。偶発債務は、可能性が高いときに記録する必要があります(これにより、財務諸表の保守的な性質が維持されます)。

偶発資産と偶発負債の双方の最良の例は訴訟です。原告が訴訟に勝ち、金銭的裁定を受ける可能性が高いとしても、訴訟が解決するまで偶発資産を認識することはできません。逆に、訴訟を失う可能性のある相手方は、損失が発生する可能性が高くなり次第、偶発債務の引当金を計上する必要があり、訴訟が解決するまで待つべきではありません。したがって、偶発債務の認識は、偶発資産の認識の前に行われます。

企業は、経済的便益の流入が見込まれる場合、財務諸表に付随する注記に偶発資産の存在を開示する場合があります。そうすることで、少なくとも財務諸表の読者に可能な資産の存在が明らかになります。

監査人は、会社の会計記録に記録されている偶発資産に特に注意を払い、財務諸表について意見を述べる前に、それらを記録から削除することを主張します。