別のエンティティ

個別エンティティの概念では、ビジネスとその所有者のトランザクションを常に個別に記録する必要があると述べています。そうしないと、2つのトランザクションが混ざり合うというかなりのリスクがあります。例えば:

  • 所有者は、ローン、報酬、または株式分配のいずれかとして記録せずに、ビジネスから資金を削除することはできません。そうでなければ、所有者は何か(不動産など)を購入し、実際には所有者がそれを個人の所有物として扱っているときに、それを事業の帳簿に残す可能性があります。
  • 所有者は、ローンまたは株式購入として記録せずに、事業に資金を提供することはできません。それ以外の場合は、文書化されていない現金がビジネスに表示されます。
  • 所有者は建物への唯一の投資家であり、毎月の家賃の支払いと引き換えに、その建物から事業を運営するように手配します。企業はこの支払いを費用として報告する必要があり、所有者は課税所得として報告する必要があります。

個別のエンティティの概念は、ビジネスの真の収益性と財政状態を判断するのに役立ちます。また、事業の事業部門にも適用して、部門ごとに同じ情報を個別に判断できるようにする必要があります。各子会社に企業経費を割り当てたいという誘惑があるため、この概念を部門レベルで適用することはより困難です。これにより、営業単位レベルでの収益性と財政状態を確認することがより困難になります。

別の事業体の会計処理に関する方針と手順が述べられたら、それらは一貫して従う必要があります。それ以外の場合、所有者または別のエンティティに属するトランザクションに関しては、引き続き灰色の領域が表示されます。

所有者は個人資産を事業の資産と混合させたくないため、没収の対象となるため、事業に対する法的判断がある場合にも、個別のエンティティの概念が役立ちます。