運転資本に対する売上高の比率

通常、売上を維持するには一定額の投資現金が必要です。売掛金と在庫への投資が必要であり、これに対して買掛金が相殺されます。したがって、通常、売上高に対する運転資本の比率は、売上高レベルが変化しても、ビジネスでは比較的一定のままです。

この関係は、売上高と運転資本の比率で測定できます。これは、急上昇または急降下をより簡単に見つけるために傾向線で報告する必要があります。比率の急上昇は、より多くの売上を促進するために顧客により多くのクレジットを付与するという決定によって引き起こされる可能性がありますが、落ち込みはその逆を示す可能性があります。スパイクは、顧客の注文をより簡単に処理するために、より多くの在庫を手元に保持するという決定によってもトリガーされる可能性があります。このような傾向線は、運転資金に関連する決定の結果を経営陣に示すための優れたフィードバックメカニズムです。

運転資本に対する売上高の比率は、年間純売上高を平均運転資本で割って計算されます。式は次のとおりです。

年間売上高÷(売掛金+在庫-買掛金)

経営陣は、この比率の結果を変更しようとした場合に発生する可能性のある問題を認識している必要があります。たとえば、信用を引き締めると売上が減少し、在庫を縮小すると売上も減少する可能性があり、サプライヤへの支払い期間が長くなると、サプライヤとの関係が緊張する可能性があります。

運転資本に対する売上高の比率の例

クレジットアナリストは、クレジットを申請したミルフォードサウンドの運転資本に対する売上高の比率を検討しています。ミルフォードは、在庫回転率を現在のレベルから2倍にすることを目的として、過去数四半期にわたって在庫レベルを調整してきました。結果を次の表に示します。