不良債権の回収

貸倒回収とは、回収不能として指定された後に受け取った支払いです。これは、破産管理者からの部分的な支払い、債権のキャンセルと引き換えに株式の受領、または同様の状況として、債権を回収するための法的措置が取られた後に発生する可能性があります。また、考えられるすべての代替収集方法が検討される前に、請求書がすぐに取り消されたために発生する可能性もあります。

不良債権の回収は、借り手の担保の売却からも生じる可能性があります。たとえば、自動車ローンの借り手が支払いを滞納した後、貸し手が自動車を取り戻す場合があります。貸し手は車を販売し、販売からの収益は不良債権の回収と見なされます。

貸倒回収の会計処理は、次の2段階のプロセスです。

  1. 不良債権の元の記録を逆にします。これは、回収額の売掛金資産勘定への借方を作成し、資産勘定とは対照的に、貸倒引当金への貸方を相殺することを意味します。代わりに、元のエントリが売掛金への貸方と貸倒費用への借方(直接償却方法)であった場合は、この元のエントリを逆にします。

  2. 貸倒回収からの現金受領を記録します。これは、現金勘定への借方と売掛金資産勘定への貸方です。