分配可能な普通株式配当

分配可能な普通株式配当は、企業の取締役会によって宣言されたがまだ支払われていない企業の普通株式の保有者に支払われる配当です。宣言されると、この金額は企業の負債として分類されます。

別の定義では、これは現金ではなく、企業の普通株式で支払われる配当です。