元の発行割引の定義

債券の割引は、債券の額面価格と、発行者が投資家に最初に販売した価格との差額です。債券が最終的に満期日に償還されると、この割引は投資家に支払われます。これは投資家の利益を表しています。会計上の目的で、割引は発行者によって支払利息として、投資家によって受取利息として扱われ、会計記録にそのように認識されます。

たとえば、投資家は発行者から900ドルで債券を購入します。債券の額面価格は1,000ドルです。債券に記載されている金利は現在市場金利よりも低いため、発行者はより低い価格を受け入れる用意があり、より低い価格を受け入れると購入者の実効金利が上昇します。発行者が債券を償還すると、投資家に債券の額面$ 1,000を全額支払います。

発行者が無利子債を販売する場合、元の発行割引の金額は特に大きくなる可能性があります。この場合、割引額は投資家の唯一の収入形態であり、したがって、投資家は債券の購入に同意する前に額面よりも大幅に低い金額を入札します。これは必ずしも投資家にとってお買い得なものではありません。割引が良い取引を表すかどうかを確認するために、デフォルトの関連リスクを組み込んだ他の債券の総収益と比較する必要があります。

元の発行割引の金額は、その期間中に発行者からの支払いの受領に関係なく、基礎となる債券の残存期間にわたって発生する課税所得の一部として投資家によって報告されます。さらに、投資家は、受け取った実際の利息収入、および原債の市場価格の実現された上昇に対して税金を支払うことができます。