自己資本比率

自己資本比率は、株主によって資金提供された企業の資産の比率を明らかにします。この比率の逆数は、負債で資金調達された資産の比率を示します。たとえば、ある会社には1,000,000ドルの資産と100,000ドルの資本があります。つまり、資産の10%だけが資本で賄われており、90%は負債で賄われています。

低い比率は、投資家の資金調達の大部分と少額の負債で、ビジネスが保守的な方法で資金調達されていることを示します。キャッシュフローの変動が大きい場合は、負債を返済することが非常に難しいため、低い比率を目標にする必要があります。ビジネスに一貫したキャッシュフローの長い歴史があり、それらのキャッシュフローが将来も続くと予想される場合、より高い比率は許容されます。

資産対自己資本比率が高いということは、貸し手がこのポジションの組織に追加のクレジットを提供する可能性が低いため、企業が追加の負債融資にアクセスできなくなったことを示している可能性があります。また、企業の比率が高い場合、負債を支払うためのキャッシュフローを生成するために高い価格を維持する必要があるため、競合他社による価格攻撃の影響を受けやすくなります。