プリペイド家賃会計

プリペイド家賃会計の概要

前払い家賃は、関連する賃貸期間より前に支払われた家賃であるため、テナントは、未使用の家賃の支払額を貸借対照表に記録する必要があります。

家賃は通常、前払いで、その月の初日に家賃の支払いの対象となります。家主は通常、請求書を数週間早く送付するため、テナントは前月末に小切手で小切手を発行し、家主に郵送して期日までに到着させます。これは、請求書が会計ソフトウェアに入力された期間の家賃として通常は損益計算書に表示されるため、テナントにとって問題となります。ただし、支払いが記録され、その月に小切手がカットされたためです。支払いが関係する期間の前に、それは実際には前払いの家賃です。

プリペイド家賃会計の例

前払いの家賃を計上する適切な方法は、次のエントリを使用して、前払いの資産(または前払いの家賃)アカウントに最初の支払いを記録することです。