直接労働予算

直接労働予算の定義

直接労働予算は、生産予算に項目化されたユニットを生産するために必要となる労働時間数を計算するために使用されます。より複雑な直接労働予算は、必要な合計時間数を計算するだけでなく、この情報を労働カテゴリ別に分類します。直接労働予算は、予算期間中に製造エリアに人員を配置するために必要となる従業員の数を予測するのに役立ちます。これにより、経営陣は採用ニーズ、残業のスケジュール、一時解雇の可能性を予測できます。予算は集計レベルで情報を提供するため、通常、特定の雇用および一時解雇の要件には使用されません。

直接労働予算は通常、月次または四半期の形式で提示されます。予算で使用される基本的な計算は、生産予算から生産ユニット数をインポートし、これに各ユニットの標準労働時間数を掛けることです。これにより、生産目標を達成するために必要な直接労働時間の小計が得られます。また、生産の非効率性を考慮して時間を追加することもできます。これにより、直接労働時間が増加します。次に、直接労働時間の合計数に1時間あたりの全負担の直接労働コストを掛けて、直接労働の総コストを算出します。

計画モジュールを備えた資材所要量計画ソフトウェアパッケージがある場合は、生産予算を計画モジュールにロードして、ポジションごとに必要な直接労働時間数を計算させることができる場合があります。それ以外の場合は、この予算を手動で計算する必要があります。

直接労働予算の例

ABC Companyは、予算期間中に多数のプラスチック製バケツを生産する予定です。ペール缶はすべて限られたサイズの範囲内にあるため、それぞれに関連する処理作業の量はほぼ同じです。各ペール缶の労働経路は、機械オペレーターの場合はペール缶あたり0.1時間、その他すべての労働の場合はペール缶あたり0.05時間です。機械オペレーターと他のスタッフの労働率は大幅に異なるため、予算に個別に記録されます。ABCの直接労働ニーズは次のように概説されています。

ABCカンパニー

直接労働予算

20XX年12月31日に終了した年度