顧客の前払いを会計処理する方法

顧客は、配達される商品または提供されるサービスに対して前払いすることができます。顧客の前進の考えられる理由は次のとおりです。

  • 悪い信用。売り手は顧客へのクレジットの前払いを望まないため、前払いを要求します。

  • カスタム製品。製品は、買い手が支払わないと売り手が他の人に販売できないようにカスタマイズされている可能性があるため、売り手は前払いを要求します。

  • 現金主義。顧客は会計の現金ベースで運営している可能性があるため、費用を認識し、現在の税年度の報告所得を減らすために、できるだけ早く現金を支払いたいと考えています。

  • 予約容量。顧客は、売り手の生産能力を予約するため、または少なくとも競合他社による使用を防ぐために、前払いをしている可能性があります。

これらの理由またはその他の理由により、売り手は、支払いを獲得するために何かをする前に、前払いを受け取る場合があります。これが発生した場合、正しい会計処理は、売り手が基礎となる販売契約の条件に基づく義務を履行するまで、前払金を負債として認識することです。2つの仕訳が含まれます。彼らです:

  1. 最初の記録。現金口座から借方に記入し、顧客の前渡金(負債)口座に貸方記入します。

  2. 収益認識。顧客の前渡金(負債)勘定科目から借方に記入し、収益勘定科目に貸方記入します。

通常、エントリを自動的に取り消すことで顧客の前払いを考慮しないことをお勧めします。これは、翌月の現金の金額を取り消すためです。支払われた現金は引き続き現金勘定にあります。代わりに、毎月の顧客前渡金アカウントの金額を手動で追跡し、商品の配達またはサービスの提供時に金額を収益に手動でシフトします。これには、各顧客の前払いのステータスが定期的に調査されるようにするために、月末の決算手続きで個別のステップを使用する必要がある場合があります。

顧客の前払いは通常、売り手の貸借対照表に流動負債として記載されています。ただし、売り手が基礎となる販売取引からの収益を1年以内に認識することを期待していない場合、その負債は代わりに長期負債として分類されるべきである。

たとえば、Green Widget Companyは、カスタマイズされた紫色のウィジェットに対して顧客から10,000ドルを受け取ります。 Green Widgetは、現金口座に10,000ドルの借方、顧客の前渡金口座に10,000ドルの貸方で領収書を記録します。翌月、Greenはカスタムウィジェットを配信し、顧客の前渡金口座から10,000ドルを借方に記入し、収益口座に10,000ドルを貸方記入する新しい仕訳を作成します。