会計の枠組み

会計フレームワークは、企業の財務諸表に表示される情報を測定、認識、提示、および開示するために使用される公開された一連の基準です。組織の財務諸表は、認められたフレームワークを使用して作成されている必要があります。そうでない場合、監査人はそれらに対して明確な監査意見を発行しません。

最も一般的に使用されている会計フレームワークは、一般に認められている会計原則(GAAP)および国際財務報告基準(IFRS)です。 GAAPは米国の事業体によって使用されていますが、IFRSは世界の他のほとんどの地域で使用されています。これらの2つのフレームワークは、幅広いベースになるように設計されているため、ほとんどのタイプのビジネスに適用できます。特別な状況のために設計され、他の包括的な会計基盤(OCBOA)として知られている他の会計フレームワークがあります。