短い形式の合併

短い形式の合併は、親会社と、親会社が実質的に所有する子会社を組み合わせたものです。どちらの事業体も、合併の存続者として指定することができます。短い形式の合併の要件は、該当する州政府の法令に記載されています。州法は通常、親会社が短い形式の合併を使用する前に、子会社の少なくとも90%を所有している必要があることを義務付けています。このアプローチは、子会社の株主が契約を承認する必要がないようにするために使用されます。