残存価額

残存価額は、耐用年数の終了時における資産の見積再販価額です。固定資産の原価から差し引かれ、減価償却される資産原価の金額が決定されます。したがって、残存価額は減価償却計算の構成要素として使用されます。

たとえば、ABC Companyは資産を100,000ドルで購入し、資産の処分を計画している場合、その残存価額は5年間で10,000ドルになると見積もっています。これは、ABCが5年間で資産コストの90,000ドルを減価償却し、その時間の終わりに残りのコストの10,000ドルを残すことを意味します。ABCは、資産を10,000ドルで売却する予定です。これにより、ABCの会計記録から資産が削除されます。

残存価額を決定することが難しすぎる場合、または残存価額が最小であると予想される場合は、減価償却計算に残存価額を含める必要はありません。代わりに、固定資産の耐用年数にわたってコスト全体を減価償却するだけです。資産の最終的な処分による収益は、利益として記録されます。

残存価額の概念を不正に使用して、特定の資産の高い残存価額を見積もることができます。その結果、減価償却が過少報告され、通常よりも高い利益が得られます。

残存価額は現在価値に割り引かれません。

同類項

残存価額は残存価額とも呼ばれます。