利益の最大化と富の最大化

利益の最大化と富の最大化の本質的な違いは、利益の焦点は短期的な収益にあり、富の焦点は時間の経過とともに事業体の全体的な価値を高めることにあるということです。以下に示すように、これらの違いはかなりのものです。

  • 計画期間。利潤最大化の下では、利益の即時の増加が最重要であるため、経営陣は、広告、調査、および保守などの裁量的な費用を支払わないことを選択する場合があります。富の最大化の下では、経営陣は常にこれらの裁量的支出を支払います。

  • リスク管理。利益の最大化の下では、経営陣は支出を最小限に抑えるため、組織のリスクプロファイルを低下させる可能性のあるヘッジに支払う可能性は低くなります。富を重視する企業はリスクの軽減に取り組むため、損失のリスクが軽減されます。

  • 価格戦略。経営陣が利益を最大化したい場合、マージンを増やすために製品の価格をできるだけ高くします。富を重視する企業は逆のことをすることができ、長期的に市場シェアを構築するために価格を下げることを選択します。

  • キャパシティプランニング。利益志向のビジネスは、既存の販売レベルとおそらく短期的な販売予測を処理するために、その生産能力にちょうど十分に費やします。富を重視する企業は、長期的な売上予測を達成するために、キャパシティにより多くを費やします。

前の議論から、利益の最大化はビジネスを管理するための厳密に短期的なアプローチであり、長期的には損害を与える可能性があることは明らかです。富の最大化は長期に注意を向け、より多くの投資とより低い短期的な利益を必要としますが、ビジネスの価値を高める長期的な見返りがあります。