変動費の定義

変動費は、生産量または提供されるサービスの量のいずれかに関連して変動する費用です。生産やサービスが提供されていない場合、変動費は発生しないはずです。生産またはサービスが増加している場合、変動費も増加するはずです。変動費の例は、プラスチック製品の作成に使用される樹脂です。樹脂はプラスチック製品の重要な構成要素であるため、製造されるユニットの数に正比例して変化します。総変動費を計算するための式は次のとおりです。

生産されたユニットの合計数量xユニットあたりの変動費=変動費の合計

直接材料は変動費と見なされます。生産量の変化に応じて労働力が生産プロセスに追加または削除されない場合、直接労働力は変動費ではない可能性があります。ほとんどの種類の間接費は変動費とは見なされません。

すべての製造間接費と変動費の合計は、製造された製品または提供されたサービスの総コストです。

企業のコスト構造に変動費の割合が大きい場合、その費用の大部分は収益に正比例して変動するため、固定費の割合が高い企業よりも景気後退を乗り切ることができます。