株価収益率

株価収益率は、会社が報告した1株当たり利益を普通株式の市場価格と比較します。この倍数は、投資家が会社の株式のシェアがどれほど高いかを判断するために使用されます。市場が下落している間、全体的な株価収益率はすべての企業の株式で下落する傾向があり、経済が拡大しているときにその逆が起こります。

投資家は、発行事業体が現在1株当たり利益の増加を報告していなくても、将来の利益増加が見込まれる場合、株価収益率を倍増させる株価を入札する傾向があります。これは、有望な新製品またはサービスがリリースまたは発表されたときに発生する可能性があります。報告された1株当たり利益がアナリストの期待を超える場合も、倍数が増加する可能性があります。逆に、次のいずれかの状況では、倍数が減少する可能性が高くなります。

  • ビジネスは期待外れの収益を報告します
  • 競合他社が自社製品と直接競合する製品をリリース
  • 他国との貿易障壁が撤廃され、価格競争のリスクが高まる
  • 支払いが多額になる可能性のある訴訟が会社に対して提起された

すべての例で、将来の1株当たり利益が減少する兆候があります。