その他の流動資産

その他の流動資産は、以下の主要な流動資産を含まない「流動資産」総勘定元帳勘定のデフォルト分類です。

  • 現金

  • 市場性のある有価証券

  • 売掛金

  • 在庫

  • 前払費用

これらの主要な勘定は、貸借対照表に個別に項目化されており、通常、個別に追跡する必要のある重要な金額が含まれているため、他の流動資産分類には含まれていません。

一部の資産は、非常にまれにしか記録されないか、非常に重要ではないため、一般的な流動資産分類内で個別の「メジャー」アカウントが付与されません。これらの理由により、他の流動資産の項目の純残高は通常非常に小さいです。アカウントが重要な比率に成長した場合、これは、「主要な」流動資産に再分類し、独自のアカウントで個別に項目化する必要がある1つ以上の資産が含まれていることを意味する場合があります。

その他の流動資産の例は次のとおりです。

  • 生命保険契約の解約返戻金

  • サプライヤーに支払われる前払い

  • 従業員に支払われる前払い

これらの残余勘定は流動資産であるため、その内容は1年または1ビジネスサイクル以内に現金に変換できる必要があります。

その他の流動資産分類に含まれる勘定科目は、貸借対照表の単一の項目に表示するために集計されます。

他の流動資産明細の期末残高が重要になった場合、貸借対照表の読者がより明確に理解できるように、残高の一部をより具体的に識別される別の明細にシフトすることが理にかなっている場合があります。記録されたアイテムの性質。

このアカウントの定期的な調査に会計手順を集中させて、アイテムが資産として記録されなくなったかどうかを確認することは理にかなっています。そうしないと、それらは何年も貸借対照表に残り、監査調整の対象となる可能性があります。