収益勘定

収益勘定は、さまざまなタイプの販売取引を保管するように設計されています。組織はさまざまな種類の収益を生み出すことができるため、それらを異なるアカウントに記録することは理にかなっています。これは、さらなる管理分析のために、タイプごとに収益を集計するレポートを生成するために行われます。収益取引を記録できる勘定科目は、基礎となる取引の性質によって異なります。例えば:

  • サービス販売。このアカウントは、コンサルティングサービスや税務アドバイスなどのサービスを顧客に提供する組織によって使用されます。このタイプの収益は通常、顧客に1時間ごとに請求されるか、サービスと引き換えに固定料金です(洗濯機の修理に100ドルの定額料金など)。

  • 製品の販売。このアカウントは、自動車や家電製品など、顧客に商品を販売する会社によって使用されます。このタイプの収益は通常、出荷されたユニットあたりの定額料金に基づいて請求されます。

収益勘定は、さまざまな方法で細分化できます。たとえば、サービスの売上は、コンサルティング会社の各支社の個別のアカウントに保存され、会社全体の単一のサービスの売上ラインアイテムに集約されます。または、製品の売上を製品または地域ごとに個別のアカウントに保存してから、会社全体の単一の製品販売ラインアイテムに集約することもできます。

業務に直接関係のない活動からも収益が得られる場合があります。これらの収益は通常、次のような個別のアカウントに保存されます。

  • 金利収入

  • 配当収入

  • 家賃収入

これらの営業外収益勘定は、主要な営業収益勘定と混同されないように、損益計算書で低く記載される場合があります。

上記の主要な収益勘定のリストに加えて、いくつかの関連する反対の収益勘定もあります。これらのアカウントは、収益からの控除を個別に保存するように設計されています。最も一般的な対収益勘定は次のとおりです。

  • 売上割引。このアカウントには、早期支払いと引き換えに顧客に与えられた割引が保存されます。

  • 販売手当。このアカウントには、請求書の通常価格から顧客に与えられた割引が保存されます。

  • 売上は戻ります。このアカウントには、顧客からの受け取りが見込まれる返品の準備金が保管されます。

営業収益勘定は、関連する対収益勘定とペアになって純売上高を導き出します。これは、損益計算書で報告されます。

これらの勘定に保管されている金額は、発生主義の会計の下で、サービスが提供された日または商品が出荷された日(より具体的な収益認識規則に従う)の時点で記録する必要があります。