推定負債

見積負債は、確定的な金額がない義務です。代わりに、会計士は利用可能なデータに基づいて見積もりを行う必要があります。たとえば、保証準備金は、受け取る保証請求の数の見積もりに基づいています。同様に、確定給付年金債務は、従業員の生存期間、従業員が会社で働き続ける期間、および年金支払いのために確保された資金の投資収益率の複数の見積もりに基づいています。