固定資産会計士の職務内容

職務内容:固定資産会計士

基本機能:固定資産会計士のポジションは、新たに取得した固定資産(有形および無形の両方)のコストの記録、既存の固定資産の追跡、減価償却の記録、および固定資産の処分の会計処理に責任があります。

主な説明責任:

  1. 固定資産を記録するための管理、手順、およびフォームのシステムを作成および監視します。

  2. 固定資産に関連する会計方針の更新を経営陣に推奨します。

  3. 固定資産にタグ番号を割り当てます。

  4. 固定資産の取得と処分を会計システムに記録します。

  5. プロジェクトコストの固定資産勘定への編集を追跡し、関連するプロジェクトが完了したらそれらの勘定を閉じます。

  6. 固定資産補助元帳の残高を総勘定元帳の要約レベル勘定に照合します。

  7. すべての固定資産の減価償却費を計算します。

  8. 固定資産と減価償却累計額の詳細なスケジュールを確認して更新します。

  9. AROが適用される固定資産の資産除去債務を計算します。

  10. 固定資産の潜在的な陳腐化を調査します。

  11. 無形資産の減損レビューを定期的に実施します。

  12. 固定資産の定期的な物理カウントを実行します。

  13. 固定資産を処分すべきかどうかを経営陣に推奨します。

  14. 経営陣の要請に応じて、固定資産に関する分析を実施します。

  15. 固定資産に関する監査スケジュールを作成し、監査人の問い合わせを支援します。

  16. 固定資産税申告書を作成します。

  17. 固定資産を含む政府による監査中に会社を代表します。

  18. 資本予算および管理承認と比較して、固定資産に対する会社の支出を追跡します。

必要な資格: 3年以上の固定資産会計の経験。会計学の学士号が望ましい。詳細志向である必要があります。

監督:なし