設備投資の計算方法

第三者の財務諸表を分析する場合、その資本的支出を計算する必要があるかもしれません。これは、組織がその運営を維持するために固定資産に十分な金額を費やしているかどうかを確認するために必要です。資本的支出を計算するための最良のアプローチは、資本的支出の公式です。手順は次のとおりです。

  1. 過去2年間の年末現在の対象会社の財務諸表を入手してください。会社が公開されている場合、この情報は証券取引委員会のWebサイトですぐに入手できます。

  2. 直前年度の固定資産の純額から、前年度の財務諸表に記載されている固定資産の純額を差し引きます。その結果、固定資産の純変動が発生します。この数値は、次の手順でさらに調整する必要があります。

    • 計算からすべての無形資産を取り除きます。有形資産の支出のみに関心があると想定しているため、無形資産は必要ありません。さらに、ほとんどの無形資産は、設備投資プログラムではなく、買収を通じて取得されました。

    • レポート期間中に買収を通じて取得したすべての資産を取り除きます。この情報は、財務諸表に添付されている注記に記載されている必要があります。

  3. 直前年度の減価償却累計額から、前年度の財務諸表に記載されている減価償却累計額を差し引きます。結果は、ちょうど終了した年度の減価償却の合計額です。別のソースは、ちょうど終了した年度の損益計算書に記載されている減価償却費です。この数値には、取得した資産に関連する償却や減価償却は含まれていません。

  4. 固定資産の正味額の変化に、その年の減価償却費の合計を加算します。これは、測定期間中に会社が設備投資に費やした合計金額です。

あるいは、企業がソフトウェア開発プロジェクトに費やしている金額に興味があるかもしれません。発生時に費用として請求されるのではなく、支出が資産計上されている場合、これは重要な項目になる可能性があります。この情報は、貸借対照表の固定資産の項目内、または添付の脚注で開示される場合があります。いずれの場合も、過去2年間の情報を比較して、資産化されたソフトウェアプロジェクトへの支出の変化を判断します。

設備投資分析に関する追加の質問は、既存の資産の交換に関連する支出と、事業の拡大を目的とした支出の数を決定することです。この情報を推定する方法は3つあります。

  • トレンドラインで設備投資を追跡します。支出が比較的横ばいの場合、すべての支出の大部分はおそらくメンテナンスの種類です。

  • 設備投資と売上高を比較します。設備投資や売上高とは直接的な関係はありません。ただし、この2つを複数年にわたって比較すると、売上高に占める支出の割合が増加している場合、同社は単なる保守設備投資以上の投資を行っている可能性があります。

  • 設備投資をビジネスユニットに一致させます。ターゲット企業が特定のビジネスユニットで急速な成長を遂げている場合は、脚注でそのビジネスユニットに関連する設備投資額を確認してください。