貸倒引当金

減損しているとみなされる貸出金の会計処理が必要になる場合があります。企業は、第三者が支払うべき1つ以上のローンを所有している場合があります。これらの借り手の財政状況が悪化した場合、会計処理を必要とする以下の問題が発生する可能性があります。

  • ローンの減損。関連する元本および利息の支払いのすべてが回収されない可能性が高い場合、ローンは減損しているとみなされます。

  • 減損文書。貸出金の減損引当金は、適切な分析とともに完全に文書化され、期間ごとに一貫して更新される必要があります。

  • 減損手当。減損引当金は、個々の債権、または同様の種類の債権のグループの調査に基づくことができます。債権者は、債権者の状況に実用的な任意の減損測定方法を使用することができます。分析目的でローンを集計する場合、履歴統計を使用して、減損の推定額を導き出すことができます。認識すべき減損の金額は、予想される将来のキャッシュフローの現在価値に基づくべきであるが、ローンの市場価格または関連する担保の公正価値を使用することもできる。関連する担保の価値が少なくとも貸付金の記録された価値と同額である場合、減損貸出金の準備金を設定する必要がない可能性があります。

  • 減損会計。減損引当金への相殺は、貸倒費用勘定である必要があります。実際の貸倒損失が特定されたら、関連する貸付残高とともに減損引当金からそれらを差し引きます。その後ローンが回収された場合は、以前の貸倒償却取引を取り消す必要があります。

減損会計の結果、貸し手が貸出金の一部を償却することを選択したため、減損していると判断された貸出金への記録された投資が現在価値を下回る可能性があります。