減価償却の概要| 減価償却会計

減価償却とは何ですか?

減価償却は、固定資産の記録されたコストの体系的な削減です。減価償却できる固定資産の例としては、建物、家具、事務機器などがあります。唯一の例外は、減価償却されていない土地です(天然資源を除いて、土地は時間の経過とともに枯渇しないため)。減価償却を使用する理由は、固定資産のコストの一部をそれが生み出す収益と一致させるためです。これは、収益を生み出すトランザクションの結果の全体像を示すために、同じレポート期間に関連する費用とともに収益を記録するマッチング原則の下で義務付けられています。減価償却の正味の影響は、貸借対照表に報告された固定資産の帳簿価額が徐々に減少することです。

固定資産を収益を生み出す活動に直接リンクすることは非常に難しいため、試行しません。代わりに、各固定資産の耐用年数にわたって一定額の減価償却が発生し、資産の残りのコストが耐用年数の終わりの会社の記録は、その残存価値のみです。

減価償却会計への入力

減価償却を計算するときに考慮すべき3つの要素があります。それは次のとおりです。

  • 耐用年数。これは、資産が生産的であると会社が期待する期間です。耐用年数を過ぎると、資産の運用を継続することはもはや費用効果が高くないため、会社は資産を処分することが期待されます。減価償却は、資産の耐用年数にわたって認識されます。

  • 残存価額。会社が最終的に資産を処分するとき、それは残存価値であるいくらかの減額でそれを売ることができるかもしれません。減価償却費は、資産原価から見積残存価額を差し引いた金額に基づいて計算されます。残存価額が非常に小さいと予想される場合、減価償却を計算する目的で通常は無視されます。

  • 減価償却方法。加速償却法を使用して、または資産の耐用年数にわたって均等に減価償却費を計算できます。加速法を使用する利点は、固定資産の耐用年数の早い段階でより多くの減価償却を認識できることです。これにより、一部の法人税費用の認識が後の期間に延期されます。安定した減価償却率を使用する利点は、計算が簡単なことです。加速償却法の例としては、倍額定率法や年数合計法があります。着実な減価償却の主な方法は定額法です。生産単位法は、実際の使用レベルに基づいて資産を減価償却する場合にも使用できます。これは、使用レベルに関連付けられた特定の寿命を持つ航空機エンジンで一般的に行われていることです。

資産の耐用年数の途中で、その耐用年数または残存価額が変化すると予想される場合は、その変更を資産の残存耐用年数にわたる減価償却の計算に組み込む必要があります。すでに記録されている減価償却を遡及的に変更しないでください。

減価償却仕訳

減価償却を記録する場合、それは減価償却費勘定への借方であり、減価償却累計額勘定への貸方です。減価償却累計額勘定は反対勘定です。つまり、資産の元の購入価格からの控除として貸借対照表に表示されます。

資産を処分したら、資産が最初に記録された固定資産勘定に貸方記入し、減価償却累計額勘定から借方に記入して、資産を貸借対照表から洗い流します。資産が処分時に完全に減価償却されていなかった場合は、減価償却されていない部分の損失も記録する必要があります。この損失は、資産の売却による収入によって削減されます。

その他の減価償却の問題

減価償却は、固定資産の市場価値とは何の関係もありません。市場価値は、いつでも資産の純費用と大幅に異なる可能性があります。

減価償却は、純利益の計算に含まれているため、企業のキャッシュフローの計算における主要な問題ですが、キャッシュフローは含まれていません。したがって、キャッシュフロー分析では、当期中に費用として認識された減価償却費の加算とともに、純利益を含める必要があります。

無形資産には減価償却費は適用されません。代わりに、これらの資産の帳簿価額を減額するために償却が使用されます。償却費は、ほとんどの場合、定額法を使用して計算されます。