キャッシュフロー比率

キャッシュフロー比率は、キャッシュフローを企業の財務諸表の他の要素と比較します。キャッシュフローの水準が高いほど、業績の低下に耐える能力が高く、投資家に配当を支払う能力が高いことを示しています。これらは、ビジネスの流動性を理解しようとする分析の重要な要素です。これらの比率は、キャッシュフローが報告された利益から大幅に異なる企業を評価する場合に特に重要です。より一般的なキャッシュフロー比率のいくつかは次のとおりです。

  • キャッシュフローカバー率。営業キャッシュフローを負債総額で割ったものとして計算されます。この比率は可能な限り高くする必要があります。これは、組織がその債務の予定された元本および利息の支払いを支払うのに十分なキャッシュフローを持っていることを示します。

  • キャッシュフローマージン率。営業活動によるキャッシュフローを売上高で割って計算されます。これは、売上1ドルあたりに生成された現金の量を明確に示すため、純利益よりも信頼性の高い指標です。

  • 流動負債返済率。営業活動によるキャッシュフローを流動負債で割って計算されます。この比率が1:1未満の場合、企業は当面の義務を支払うのに十分な現金を生み出していないため、破産の重大なリスクにさらされる可能性があります。

  • 価格とキャッシュフローの比率。株価を1株当たりの営業キャッシュフローで割ったものとして計算されます。この比率は、経営陣が改ざんしにくい報告された収益の代わりにキャッシュフローを使用するため、株価収益率よりも質的に優れています。

  • 純利益へのキャッシュフロー。 1:1に近い比率は、組織がキャッシュフローを超えて収益を膨らませることを目的とした会計上のトリックに従事していないことを示します。