資本予算

資本予算の定義

資本予算は、企業がどの提案された固定資産購入を受け入れるべきか、そしてどれを拒否すべきかを決定するために使用するプロセスです。このプロセスは、提案された各固定資産投資の定量的ビューを作成するために使用され、それによって判断を下すための合理的な基礎を提供します。

資本予算の方法

正式な資本予算システムの下で固定資産を評価するために一般的に使用されるいくつかの方法があります。より重要なものは次のとおりです。

  • 正味現在価値分析。固定資産の購入に関連するキャッシュフローの正味の変化を特定し、それらを現在価値に割り引きます。次に、提案されたすべてのプロジェクトを正の正味現在価値と比較し、資金がなくなるまで正味現在価値が最も高いプロジェクトを受け入れます。

  • 制約分析。実稼働環境のボトルネックマシンまたはワークセンターを特定し、ボトルネック操作を最大限に活用する固定資産に投資します。このアプローチでは、企業はボトルネック操作の下流の領域に投資する可能性が低く(ボトルネック操作によって制約されるため)、ボトルネックの上流に投資する可能性が高くなります(容量を追加するとボトルネックを完全に維持しやすくなるため)在庫付き)。

  • 回収期間。プロジェクトへの初期投資を支払うのに十分なキャッシュフローをプロジェクトから生み出すために必要な期間を決定します。これは本質的にリスク尺度です。なぜなら、投資が会社に返還されないリスクがある期間に焦点が当てられているからです。

  • 回避分析。代替資産に投資するのではなく、メンテナンスの増加を使用して既存の資産の寿命を延ばすことができるかどうかを判断します。この分析により、企業の固定資産への総投資を大幅に削減できます。

資本予算の重要性

固定資産投資に伴う現金の額が多すぎるため、投資が失敗した場合に会社が破産する可能性があります。したがって、資本予算は、より大規模な固定資産提案にとって必須の活動です。これは、小規模な投資ではそれほど問題にはなりません。後者の場合、資本予算プロセスを大幅に合理化することをお勧めします。これにより、投資を可能な限り迅速に行うことに重点が置かれます。そうすることにより、利益センタの運用は、固定資産提案の分析によって妨げられることはありません。