売掛金のスケジュール

売掛金のスケジュールは、顧客が支払うべきすべての金額を一覧表示するレポートです。レポートには、レポート日現在の未払いの各請求書が顧客ごとに集計されて一覧表示されます。このスケジュールにはいくつかの用途があり、次のとおりです。

  • コレクション。回収チームは、スケジュールを調べて延滞している請求書を特定し、顧客に回収の電話をかけます。

  • クレジット。クレジット部門はレポートを確認して、支払いが遅すぎてクレジットレベルを下げる必要がある顧客がいないかどうかを確認します。

  • 貸倒計算。レポートの情報は、貸倒引当金の残高を更新するために使用される貸倒率を作成するために使用されます。

  • 監査審査。外部監査人は、年末の売掛金残高が正確であるかどうかを確認するために、年末のテスト手順の一部としてレポートから選択を行います。

売掛金のスケジュールは通常、請求書を30日のタイムバケットにまとめます。0〜30日のバケット内の請求書は、最新のものと見なされます。追加のタイムバケットは、31〜60、61〜90、および90日以上の期間をカバーします。古いタイムバケットにある請求書は、より積極的な収集活動の対象になります。最も古いタイムバケットにあるものは償却される場合があります。

スケジュールは、ほとんどの会計ソフトウェアパッケージの標準レポートであり、事前構成されたタイムバケットが付属しています。タイムバケットに異なる期間を使用するようにレポート設定を変更できる場合があります。