流動比率と当座比率の違い

流動比率と当座比率はどちらも、企業が流動負債を支払う能力を見積もるために設計されています。2つの測定値の違いは、当座比率がより流動性の高い資産に焦点を合わせているため、企業がその義務をどの程度完済できるかをよりよく把握できることです。それらの式は次のとおりです。

流動比率=(現金+有価証券+売掛金+在庫)÷流動負債

当座比率=(現金+有価証券+売掛金)÷流動負債

したがって、2つの比率の違いは、在庫の使用(または不使用)です。在庫は、短期的に現金に変換することが非常に難しい場合があるため、事業の流動性の分析に含めるには疑わしい項目です。適度に短期間で販売できたとしても、売掛金(クレジットで販売されている場合)になっているため、買い手が売掛金を支払うまでさらに待機します。したがって、短期流動性のより信頼できる尺度は当座比率です。唯一の例外は、在庫回転率が高い企業(食料品店など)の場合です。この場合、在庫は非常に迅速に売り切れるだけでなく、結果として生じる売上が非常に迅速に現金に変換されます。

2つの比率の違いの例として、小売業者は次の情報を報告します。

現金= $ 50,000

売掛金= $ 250,000

在庫= $ 600,000

流動負債= $ 300,000

現在のビジネスの比率は3:1ですが、当座比率は1:1とはるかに小さくなっています。この場合、在庫の大部分が存在することで、比較的低レベルの流動性が隠されており、貸し手またはサプライヤーにとって懸念事項となる可能性があります。