総資産に対する売上高の比率

総資産に対する売上高の比率は、可能な限り小さな資産ベースで売上高を生み出す企業の能力を測定します。比率が非常に高い場合、それは経営陣が資産への小さな投資から最大限の用途を引き出すことができることを意味します。総資産に対する売上高の計算式は、純年間売上高を組織の貸借対照表に記載されているすべての資産の総額で割ることです。式は次のとおりです。

(総売上高-売上高と控除)÷すべての資産の簿価の合計

たとえば、すべての販売手当を差し引いた後の年間売上高は$ 1,000,000で、売掛金は$ 150,000、在庫は$ 200,000、固定資産は$ 450,000です。総資産に対する売上高の比率は次のとおりです。

$ 1,000,000純売上高÷$ 800,000すべての資産の合計

=総資産に対する売上高の比率の1.25倍

この比率は、次のようないくつかの理由により、必ずしも管理パフォーマンスを示すとは限りません。

  • ビジネスに必要な資産ベースは、業界によって大きく異なります。たとえば、石油精製所は巨額の設備投資を必要としますが、ほとんどのサービス事業はほとんど必要としません。

  • 売上を生み出す能力は、必ずしも利益やキャッシュフローを生み出す能力につながるわけではありません。総資産に対する売上高の比率が非常に高い企業でも、損失を被る可能性があります。

  • 管理チームは、すべての生産をアウトソーシングするなど、この比率を改善するためだけに業務を根本的に変更する場合があります。これにより、ビジネスのファンダメンタルズを損なう一方で、比率が向上する可能性があります。

  • 販売が周期的である場合、資産投資の規模に関係なく、販売レベルは時間の経過とともに急上昇および低下する可能性があります。

同類項

総資産に対する売上高の比率は、資産回転率とも呼ばれます。