半変動費

半変動費は、固定費と変動費の両方の要素を含む原価です。コストの固定要素は時間の経過とともに繰り返し発生しますが、可変要素はアクティビティ量の関数としてのみ発生します。したがって、ボリュームに関係なく、基本レベルのコストが常に発生し、ボリュームのみに基づく追加コストも発生します。この概念は、さまざまな活動レベルでの財務実績を予測するために使用されます。半変動費の例をいくつか示します。

  • 生産ラインは、1日あたりの最小レベルでスタッフを配置するために10,000ドルの労働力を必要とする場合がありますが、特定の生産量を超えると、生産スタッフは残業しなければなりません。したがって、基本的な1日あたり10,000ドルのコストは、すべてのボリュームレベルで発生するため、半変動コストの固定要素ですが、残業は生産ボリュームによって異なり、コストの変動要素も同様です。

  • 携帯電話の課金構造では、月額定額料金に加えて、定額料金で許可されている上限を超える使用帯域幅の超過料金が発生します。したがって、定額料金はコストの固定要素であり、超過帯域幅料金はコストの変動要素です。

  • 営業担当者の報酬には、通常、給与コンポーネント(固定費)とコミッション(変動費)があります。

半変動費項目の使用レベルが上がると、原価の固定要素は変化しませんが、変動費は増加します。この関係の式は次のとおりです。

Y = a + bx

Y =総コスト

a =総固定費

b =活動単位あたりの変動費

x =アクティビティの単位数

たとえば、会社が生産ラインを所有している場合、その機器の1か月の総コストは半変動費です。資産に関連する減価償却費は、期間ごとに変動しないため固定費ですが、光熱費は、生産ラインが稼働している時間の長さによって異なります。生産ラインの固定費は月額$ 10,000ですが、ユーティリティの変動費は1時間あたり$ 150です。生産ラインが月に160時間稼働している場合、半変動費の計算は次のようになります。

$ 34,000総コスト= $ 10,000固定費+($ 150 /時間x160時間)

会社の経営者の観点からは、一般的に、半変動費の変動部分を増やし、固定部分を減らす方が安全です。そうすることで、ビジネスが損益分岐点に達する可能性のある収益レベルが低下します。これは、ビジネスが非常に変動する販売レベルに苦しんでいる場合に役立ちます。

会計基準は、コストの固定または変動の性質が会社の財務諸表で識別されることを要求していません。

同類項

半変動費は、混合費および半固定費とも呼ばれます。