簿価

帳簿価額は、資産の元の原価から、減価償却または償却の累積額を差し引いたものから、資産の減損の累積額を差し引いたものです。この概念は、会社の会計記録に記録されている資産の残りの金額を示すためにのみ使用されます。これは、資産の原資産の市場価値(存在する場合)とは関係ありません。市場価値は需要と供給および知覚価値に基づいているため、資産の帳簿価額とは大幅に異なる可能性があります。たとえば、建物は何年も前に購入されて以来、価値が高く評価されている一方で、所有者は何年もの間それを減価償却している可能性があります。その結果、建物の簿価と市場価値の間に大きな格差が生じます。

また、優れた設備保守業務を行っている企業は、資産の市場価値が、資産の保守に十分な金額を投資していない企業よりも大幅に高いことに気付く場合があります。その結果、異なる事業体が所有する同じ資産の簿価と市場価値が大きく異なる可能性があります。

事業全体の簿価を発行済み株式数で割ると、1株当たりの簿価になります。この金額は、1株あたりのベースライン値と見なされる場合があり、それを下回ると、株式の市場価格は下がらないはずです。ただし、市場価値と簿価の間に必ずしも関連性があるとは限らないため、ベースラインの主張を正当化するのは難しい場合があります。

たとえば、会社は固定資産に加速された減価償却率を課す場合があり、これにより簿価が急速に減少します。ただし、市場参加者は、資産が加速償却法の使用によって反映されるよりも長期的に価値が高いと信じているため、資産の市場価値ははるかに高くなります。

簿価の計算の例として、ABCインターナショナルはウィジェットスタンパーを50,000ドルで購入し、それに対して20,000ドルの減価償却累計額を記録しました。また、スタンパーに対して12,000ドルの累積減損費用を記録しました。したがって、ウィジェットスタンパーの簿価は$ 18,000であり、次のように計算されます。

$ 50,000購入価格-$ 20,000減価償却-$ 12,000減損

= $ 18,000簿価

事業全体の観点から、簿価はすべての資産の正味記録額からすべての負債の正味記録額を差し引いたものと見なすことができます。簿価の低下をもたらすより制限的な見方は、すべての無形資産およびのれんの記録された正味額も計算から除外することです。

同類項

帳簿価額は簿価または帳簿価額と同じです。