責任会計

責任会計には、ビジネスの各責任センターの収益と費用の個別のレポートが含まれます。そうすることで、運用管理が向上します。たとえば、家賃の費用はリースの交渉と署名を行う人に割り当てることができますが、従業員の給与の費用はその人の直属の上司が負担します。この概念は製品のコストにも適用されます。各構成部品には標準コスト(アイテムマスターと部品表に記載されている)があり、正しい価格で入手するのは購買マネージャーの責任です。同様に、機械で発生するスクラップ費用はシフトマネージャーの責任です。

このアプローチを使用することにより、コストレポートを受信者ごとに調整できます。たとえば、作業セルのマネージャーは、その特定のセルで発生したコストのみを明細化した財務諸表を受け取りますが、生産マネージャーは、生産部門全体のコストを明細化した別の財務諸表を受け取り、社長は1つを受け取ります。これは、組織全体の結果を要約したものです。

組織構造を上に移動すると、使用されている責任レポートが少なくなるのが一般的です。たとえば、部門内の各人が個別のコストを担当する場合があります。そのため、各人は、そのコストを管理する際のパフォーマンスを項目化したレポートを受け取ります。ただし、より複雑な利益センタアプローチを使用する場合、これらのコストは通常​​、特定の製品または製品ラインからの収益に直接関連付けることができるコストのグループにまとめられるため、コストセンターよりも利益センタが少なくなります。次に、責任センターの最高レベルである投資センターでは、マネージャーが製品ライン全体にまたがる投資を行うため、投資センターは生産施設全体の最小レベルで報告される傾向があります。したがって、より複雑な形式の責任報告が使用されるため、経理部門によって生成される責任報告の数は自然に統合されます。