比率分析の限界

比率分析では、財務諸表から取得した情報を比較して、ビジネスの結果、財政状態、およびキャッシュフローの一般的な理解を得ることが含まれます。この分析は、特にクレジットアナリスト、貸し手、株式アナリストなどの部外者にとって便利なツールです。これらの人々は、財務諸表だけから、業績と事業の位置付けの全体像を作成する必要があります。ただし、比率分析には注意すべき制限がいくつかあります。彼らです:

  • 歴史的。比率分析で使用されるすべての情報は、実際の履歴結果から得られます。これは、同じ結果が将来に持ち越されることを意味するものではありません。ただし、プロフォーマ情報に対して比率分析を使用し、それを過去の結果と比較して一貫性を保つことができます。

  • 過去のコストと現在のコスト。損益計算書の情報は現在のコスト(またはそれに近い)で示されますが、貸借対照表の一部の要素は取得原価で示される場合があります(現在のコストとは大幅に異なる可能性があります)。この不一致は、異常な比率の結果をもたらす可能性があります。

  • インフレ。検討中の期間のいずれかでインフレ率が変化した場合、これは数値が期間間で比較できないことを意味する可能性があります。たとえば、1年間のインフレ率が100%だったとすると、実際にはまったく変わらなかったのに、売上高は前年の2倍になっているように見えます。

  • 集約。比率分析に使用している財務諸表の明細の情報は、過去に異なる方法で集計されている可能性があるため、傾向線で比率分析を実行しても、傾向期間全体にわたって同じ情報が比較されることはありません。

  • 運用上の変更。企業は、数年前に計算され、現在の同じ比率と比較された比率が誤解を招く結論をもたらすような程度まで、基礎となる運用構造を変更する可能性があります。たとえば、制約分析システムを実装した場合、これにより固定資産への投資が削減される可能性がありますが、比率分析では、会社が固定資産ベースを古くしすぎていると結論付ける可能性があります。

  • 会計方針。会社が異なれば、同じ会計トランザクションを記録するためのポリシーも異なる場合があります。これは、異なる会社の比率の結果を比較することは、リンゴとオレンジを比較するようなものかもしれないことを意味します。たとえば、ある会社が加速償却を使用し、別の会社が定額減価償却を使用する場合や、ある会社が売上を総額で記録し、他の会社が純額で記録する場合があります。

  • 経営状況。一般的なビジネス環境のコンテキストで比率分析を配置する必要があります。たとえば、売掛金の60日間の売掛金は、売り上げが急増している時期には貧弱と見なされる可能性がありますが、顧客が厳しい財政状態にあり、請求書を支払うことができない景気後退時には優れている可能性があります。

  • 解釈。比率の結果の理由を確認することは非常に難しい場合があります。たとえば、現在の2:1の比率は、会社がキャッシュポジションを強化するために大量の株式を売却したことに気付くまでは優れているように見えるかもしれません。より詳細な分析により、流動比率は一時的にそのレベルになり、近い将来低下する可能性があることが明らかになる可能性があります。

  • 会社の戦略。異なる戦略を追求している2つの企業間で比率分析の比較を行うことは危険な場合があります。たとえば、ある会社が低コストの戦略に従っている可能性があるため、より多くの市場シェアと引き換えに、より低い粗利益を受け入れる用意があります。逆に、同じ業界の企業は、価格が高く、粗利益が高い、高い顧客サービス戦略に焦点を合わせていますが、最初の企業の収益レベルに達することは決してありません。

  • ある時点。一部の比率は、貸借対照表から情報を抽出します。貸借対照表の情報は、報告期間の最終日現在のものであることに注意してください。レポート期間の最終日にアカウント残高に異常な急上昇または減少があった場合、これは比率分析の結果に影響を与える可能性があります。

要するに、比率分析には、その有用性を制限する可能性のあるさまざまな制限があります。ただし、これらの問題を認識し、代替の補足的な方法を使用して情報を収集および解釈する限り、比率分析は依然として有用です。