営業レバレッジ

営業レバレッジは、企業の固定費を総費用のパーセンテージとして測定します。これは、ビジネスの損益分岐点、および個々の売上の予想される利益レベルを評価するために使用されます。次の2つのシナリオは、高い営業レバレッジと低い営業レバレッジを持つ組織について説明しています。

  1. 高い営業レバレッジ。会社のコストの大部分は固定費です。この場合、会社は増分販売ごとに大きな利益を上げますが、かなりの固定費をカバーするのに十分な販売量を達成する必要があります。そうすることができれば、企業は固定費を支払った後、すべての売上で大きな利益を得るでしょう。ただし、収益は販売量の変化により敏感になります。

  2. 低い営業レバレッジ。会社の売上の大部分は変動費であるため、売上があった場合にのみこれらの費用が発生します。この場合、会社は増分販売ごとに得られる利益は少なくなりますが、固定費の削減をカバーするために多くの販売量を生成する必要はありません。このタイプの会社は、低い売上レベルで利益を得るのは簡単ですが、追加の売上を生み出すことができれば、大きな利益を得ることができません。

たとえば、ソフトウェア会社には開発者の給与という形でかなりの固定費がありますが、ソフトウェアの増分販売ごとに変動費はほとんどありません。この会社は高い営業レバレッジを持っています。逆に、コンサルティング会社はクライアントに時間単位で請求し、コンサルタントの賃金という形で変動費を負担します。この会社の営業レバレッジは低いです。

営業レバレッジを計算するには、企業の貢献利益を純営業利益で割ります。貢献利益は、売上高から変動費を差し引いたものです。

たとえば、Alaskan Barrel Company(ABC)の財務結果は次のとおりです。