心理的な価格設定

心理的価格設定は、整数よりもわずかに低い価格を設定する慣行です。この慣行は、顧客がこれらの価格を切り上げないという信念に基づいているため、実際よりも低い価格として扱われます。顧客は価格を左端から右に処理する傾向があるため、価格の最後の数桁を無視する傾向があります。この効果は、価格の小数部分が残りの価格よりも小さいフォントで印刷されている場合に強調されるように見えます。心理的な価格設定の例は、自動車の価格を20,000ドルではなく19,999ドルに設定することです。このタイプの価格設定は、消費財では非常に一般的です。コンセプトのバリエーションは、価格がプレミアムレベルに設定されている場合、顧客は製品をより重視するという信念で、価格を高く設定することです。

プレミアム価格の例

ABC Internationalは、都市部の通勤者向けに全電気自動車を開発しました。競合する価格ポイントを調査したところ、ABCは、19,999ドルの価格の同様の車両のクラスターがあることを発見しました。また、多くの自動車購入者はオンライン価格ショッピングサービスを使用して自動車を評価しており、これらのサービスは10,000ドルの価格帯で自動車購入者に選択肢を提示します。したがって、ABCは、競合他社に匹敵するだけでなく、10,001ドルから20,000ドルの価格帯内に位置するために、車両の価格を19,999ドルにすることにしました。

心理的価格設定の利点

心理的な価格設定方法を使用する利点は次のとおりです。

  • 価格帯。顧客がバンドに分けられた製品価格に関する情報にアクセスしている場合、部分価格設定を使用すると、製品の価格がより低い価格帯にシフトする可能性があり、顧客は購入する可能性が高くなります。たとえば、顧客が20,000ドル未満の自動車のみを検討したい場合、車両の価格を19,999ドルに設定すると、その価格帯が低くなり、売上が増加する可能性があります。

  • 非合理的な価格設定。心理的な価格設定(これは議論の余地のある前提です)の下で提唱されている段階的な値下げに顧客が動揺している場合、売上高は増加するはずです。

  • コントロール。製品の価格が端数レベルに設定されている場合、盗む現金の量を計算することがより困難になるため、従業員が不正な販売取引を作成して現金を取り除くことははるかに困難です。逆に、価格が丸められたドル額に設定されている場合、資金を盗むのは簡単です。

  • 割引価格。会社が選択した商品を販売している場合、製品価格の末尾の桁を変更して、販売中であることを識別できます。したがって、「。98」の価格で終わる商品は、チェックアウトカウンターで20%の割引を受けられます。

心理的価格設定のデメリット

以下は、心理的な価格設定方法を使用することの欠点です。

  • 計算。レジ係が端数価格を使用した場合の合計金額を計算したり、そのような購入に変更を加えたりするのは難しい場合があります。クレジットカードやその他の種類の電子決済を使用する場合、これはそれほど問題にはなりません。

  • リーズナブルな価格設定。顧客が心理的な価格設定が彼らに信用を与えるよりも合理的である場合、彼らは部分的な価格設定を無視し、代わりに基礎となる製品の価値に基づいて購入を行います。

心理的価格設定の評価

心理的な価格設定の圧倒的な使用は、根底にある概念に欠陥があるかどうかにかかわらず、企業が互いに競争するためにこのように価格を設定していることを明らかにしています。したがって、前の例を使用するには、競合他社が請求する価格よりもわずかに高い価格を設定すると、実際に販売台数が徐々に減少する可能性があるため、企業は競争力を維持するために心理的な価格設定を使用する必要があります。