買掛金エージングレポート

買掛金エージングレポートは、タイムバケットに基づいてサプライヤへの買掛金を分類します。レポートは通常、30日のタイムバケットで設定されるため、レポートの連続する各列には、次のようなサプライヤの請求書が一覧表示されます。

  • 生後0〜30日

  • 31〜60日

  • 生後61〜90日

  • 90日以上

レポートの目的は、支払いが遅れている請求書をユーザーが視覚的に判断できるようにすることです。ただし、このレポートの主な欠陥は、すべての請求書の支払い期限が30日であると想定していることです。実際には、一部の請求書は、受領時、60日以内、またはその間のほぼどこでも期日が到来する可能性があります。その結果、エージングレポートに現在のものとしてリストされている請求書は実際には支払いが遅れている可能性がありますが、31〜60日のタイムバケットにリストされている請求書はまだ実際には支払われない可能性があります。

レポートを有効にするには、定期的にクリーンアップして、不正な借方と貸方がレポートから削除されるようにする必要があります。そうしないと、時間の経過とともに乱雑になる傾向があり、したがって読みにくくなります。

ここに記載されている問題を考えると、より良い解決策は、会計システムによって生成されたレポートを使用することです。このレポートには、請求日とサプライヤーの支払い条件に基づいて、支払いがほぼ期日または延滞しているサプライヤーの請求書のみが一覧表示されます。

経年劣化レポートは、監査対象期間の終了時点で支払われるべき債務のリストとして、会社の外部監査人によって使用されることがあります。ただし、このレポートは、その合計が総勘定元帳の最終買掛金残高と一致する場合にのみ役立ちます。