原価計算の定義

原価計算は、ビジネスのコスト構造を調べます。これは、企業の活動によって発生したコストに関する情報を収集し、選択したコストを製品やサービス、およびその他のコストオブジェクトに割り当て、コスト使用の効率を評価することによって行われます。原価計算は主に、企業がどこでお金を稼いだり失ったりするかを理解し、将来利益を生み出すための意思決定に情報を提供することに関係しています。主な原価計算活動は次のとおりです。

  • コストを直接材料、直接労働、固定間接費、変動間接費、および期間コストとして定義する

  • 企業が標準原価計算システムを使用している場合、エンジニアリング部門と調達部門が標準原価を生成するのを支援する

  • 配分方法を使用して、期間原価を除くすべての原価を製品とサービスおよびその他の原価対象に配賦します。

  • 親会社のある子会社から別の子会社にコンポーネントおよび部品が販売される移転価格の定義

  • 実施した活動に関連して発生したコストを調査し、会社がリソースを効果的に使用しているかどうかを確認します

  • 発生したさまざまなコストの傾向の変化を強調する

  • ビジネス上の意思決定の結果として変化するコストの分析

  • 設備投資の必要性の評価

  • 予想される活動レベルに基づいてコストの変化を予測する予算モデルの構築

  • 単位体積の変化に関連してコストがどのように変化するかを理解する

  • コストを削減できるかどうかの判断

  • 経営陣にコストレポートを提供して、経営陣がビジネスをより適切に運営できるようにする

  • 新製品の設計に必要なコストの計算に参加する

  • 生産システムを分析して、ボトルネックがどこに位置しているか、およびボトルネックが製造システム全体によって生成されるスループットにどのように影響するかを理解します

原価計算担当者が原価を累積および解釈するために使用するツールは多数あります。これには、個別原価計算、プロセス原価計算、標準原価計算、活動基準原価計算、スループット分析、直接原価計算が含まれます。

原価計算は、特に在庫の評価に関して、財務諸表の情報源です。ただし、財務諸表の作成には直接関与していません。