減価償却費

減価償却費は、現在の期間に消費されたと見なされた固定資産の部分です。その後、この金額は費用として請求されます。この費用の目的は、固定資産の価値が時間の経過とともに消費されるにつれて、固定資産の帳簿価額を徐々に減らすことです。これは現金以外の費用です。つまり、関連するキャッシュフローはありません。

減価償却費勘定に入力が行われると、相殺クレジットは、固定資産(資産)勘定を相殺する対資産勘定である減価償却累計勘定になります。減価償却費勘定の残高は、企業の会計年度中に増加し、その後、年末決算プロセスの一環としてフラッシュされ、ゼロに設定されます。その後、アカウントは次の会計年度の減価償却費を保管するために再び使用されます。

同じ概念が無形資産にも使用され、関連する費用勘定は償却費と呼ばれます。