変動原価計算損益計算書

変動費損益計算書は、すべての変動費が収益から差し引かれ、個別に記載された貢献利益に到達し、そこからすべての固定費が差し引かれ、その期間の純利益または純損失に到達するものです。

収益によって実際に直接変動する費用の割合を決定する場合は、変動費形式で損益計算書を作成すると便利です。多くの企業では、そのような大量の生産コストが固定されており、販売管理費のほとんどが変動しないため、貢献利益は粗利益よりも大幅に高くなります。

変動損益計算書は、次の3つの点で通常の損益計算書とは異なります。

  • すべての固定生産コストは、貢献利益の後、ステートメントでより低く集計されます。

  • すべての変動販売費および管理費は変動生産費とグループ化されるため、貢献利益の計算の一部になります。そして

  • 粗利益は貢献利益に置き換えられます。

したがって、変動原価計算の損益計算書の形式は次のとおりです。