監査後の定義

事後監査とは、設備投資の結果の分析を指します。この分析は、当初の資本提案に組み込まれた仮定が正確であることが判明したかどうか、およびプロジェクトの結果が期待どおりであったかどうかを確認するために実施されます。この監査の結果は、将来の資本予算決定に組み込まれ、それによって意思決定プロセスが改善されます。