重商主義システム

重商主義制度は、外国貿易の規制を通じて国の経済を管理する制度です。このシステムの目標は、恒久的な貿易収支を確立することです。この目標は、次の貿易戦術を実装することで達成できます。

  • インバウンド商品の高い関税。他国からのインバウンド商品の価格を上げることにより、他国からの商品の購入が減少する可能性が高くなります。

  • 輸出に対する補助金。政府は輸出業者に補助金を支払い、輸出業者が価格を下げ、他の国により多くの商品を販売することを容易にします。

  • 低い内部人件費。人件費は低く抑えられており、個人が高価な輸入品を購入するためのお金をほとんど残さないことと、輸出用の商品を製造することをより安価にすることの二重の効果があります。

  • 植民地主義。国は海外で領土を取得し、親国と独占的に取引する必要があるコロニーとしてそれらを設定します。この慣行は、植民地から親国への資金の流れを生み出します。

これらすべての戦術が組み合わさって、国の住民が主に国境内から購入し、海外で可能な限り競争力を持つ環境を作り出しています。

重商主義は、以下の理由で無効な思考システムであることが判明しました。

  • 誰もが貿易収支をプラスできるわけではありません。システムは、トレーディングパートナが継続的にそれに応じて大きな負の貿易収支を持つことを前提としています。これは、国間の永続的な富の不均衡をもたらします。

  • このシステムは、実際には全体的なコストが低い国もあるのに、国がすべての商品を生産することを奨励しているため、世界中に商品を配布する必要があります。

  • ある国の通貨のコストは、貿易収支とともに徐々に増加し、その国から商品を購入するのに費用効果が高くない貿易相手にとっては高すぎるようになるまで続きます。

  • 助成金は、現在政府に支持されている企業に支払われる傾向があります。この行動はまた、自由貿易を妨げる傾向があります。

植民地が「親」国から分離された後、および多くの地域の自由貿易協定の出現により、商業システムは使用から排除されました。