比較財務諸表

比較財務諸表は、企業が発行する財務諸表の完全なセットであり、複数の報告期間の情報を明らかにします。このパッケージに含まれる可能性のある財務諸表は次のとおりです。

  • 損益計算書(複数の期間の結果を表示)

  • 貸借対照表(複数の貸借対照表日現在の事業体の財政状態を示す)

  • キャッシュフロー計算書(複数の期間のキャッシュフローを表示)

比較概念のもう1つのバリエーションは、前の12か月のそれぞれの情報をローリングベースで報告することです。比較財務諸表は、次の理由で非常に役立ちます。

  • 傾向を判断できるように、複数の期間にわたるエンティティの財務実績の比較を提供します。ステートメントはまた、会計エラーの存在を示す可能性のある、報告された情報の異常な急上昇を明らかにする場合があります。

  • 費用と収益の比較、および複数の期間にわたる貸借対照表のさまざまな項目の比率を提供します。この情報は、コスト管理の目的に役立ちます。

  • このタイプの分析では、過去のパフォーマンスよりも運用指標と先行指標に依存する必要がありますが、将来のパフォーマンスを予測するのに役立つ場合があります。

期間間の差異、および期間間の変化率を含む追加の列を含む比較財務諸表を発行するのが通例です。

証券取引委員会は、公開会社がフォーム10-Kおよびフォーム10-Qで一般に報告する際に比較財務諸表を使用することを要求しています。

比較財務諸表の例

以下は、比較ベースで提示されている貸借対照表の例です。

ABCインターナショナル

バランスシート