インプレストシステム

インプレストシステムは、小口現金を支払い、その後補充するための会計システムです。小口現金は、偶発的な現金の必要性のために事業所に保管されている現金の小さな予備です。インプレストシステムは、小口の現金残高と現金の使用方法を追跡するための基本的な手動の方法を提供するように設計されています。インプレストシステムの基本的な機能は次のとおりです。

  • 総勘定元帳の特別勘定に記載されている小口現金基金には、一定額の現金が割り当てられます。

  • 小口現金基金からのすべての現金分配は、領収書とともに文書化されます。

  • 小口現金支払い領収書は、小口現金資金の定期的な補充の基礎として使用されます。

  • 予想される資金残高と実際の資金残高の差異は定期的に見直され、調査されます。

本質的に、費用は、会社の当座預金口座から小口現金資金に新たな現金補充が行われたときに認識されます。当座預金口座から現金が支払われる場合、エントリは、小口現金管理者によって領収書が提供されているさまざまな費用への借方と、現金口座への貸方です。

小口現金基金に割り当てられた現金の金額が意図的に変更されない限り、小口現金の補充はすべて会社の当座預金口座から行われるため、小口現金残高を文書化するために使用される口座に別のエントリが必要になる理由はありません。

このシステムの主な特徴は、すべての支出を文書化する必要があることです。そうすることは、現金支払いを高レベルで管理するための優れた方法です。

多くの企業は、付随的な購入に会社のクレジットカードを使用したり、従業員に現金を支払ってから企業の経費精算システムを通じて償還を申請したりすることを好むため、インプレストシステムの人気は低下しています。また、インプレストシステムは、現金の盗難によって、または小口現金管理者が支払いを記録する適切な仕事をしていないために、企業からの現金漏洩を引き起こす可能性があります。