Tアカウント

ATアカウントは、総勘定元帳アカウントのグラフィック表現です。アカウントの名前は「T」の上に配置されます(アカウント番号と一緒に表示されることもあります)。デビットエントリは「T」の左側に表示され、クレジットは「T」の右側に表示されます。各「T」アカウントの総残高は、アカウントの下部に表示されます。通常、多数のTアカウントがクラスター化され、アカウンティングトランザクションの影響を受けるすべてのアカウントが表示されます。Tアカウントは、複式簿記の基本的なトレーニングツールであり、会計トランザクションの一方が別のアカウントにどのように反映されるかを示します。また、より複雑なトランザクションを明確にするのにも非常に役立ちます。このアプローチは、各トランザクションによって影響を受けるのは1つのアカウントのみである単式簿記では使用されません。

Tアカウントの例

次のTアカウントの使用例では、会社は7月の家賃について家主から10,000ドルの請求書を受け取ります。Tアカウントは、家賃勘定に10,000ドルの借方があり、買掛金勘定に対応する10,000ドルの貸方があることを示しています。この最初の取引は、会社が費用とその費用を支払う義務を負ったことを示しています。

例の一番下のTアカウントのセットは、数日後、会社が家賃の請求書を支払うことを示しています。これにより、その口座への借方による買掛金負債と、現金(資産)口座への貸方がなくなり、その口座の残高が減少します。