普通株式勘定

普通株式勘定は、企業が発行したすべての普通株式の額面価格が記録される総勘定元帳勘定です。これらの株式が額面を超える金額で売却された場合、超過額は追加の払込資本勘定に個別に記録されます。株式に額面価格がない場合、売却価格の全額が普通株式勘定に記録されます。アカウントは、資本アカウントとして分類されます。